ヒラギノフォント公式note

ヒラギノフォントの公式アカウントです。毎日使うフォントを知ることで、より便利で、より伝わるコミュニケーションにつながります。フォントの基本からヒラギノフォントのディープな世界まで、楽しく分かりやすいフォント情報をお届けします。

ヒラギノフォント公式note

ヒラギノフォントの公式アカウントです。毎日使うフォントを知ることで、より便利で、より伝わるコミュニケーションにつながります。フォントの基本からヒラギノフォントのディープな世界まで、楽しく分かりやすいフォント情報をお届けします。

    最近の記事

    デザインコンサルファームMIMIGURIと考えるブランディングとコーポレートフォント、フォントの未来

    みなさんは「コーポレートフォント」についてご存じですか? 企業のあらゆる経済活動において、一貫した印象を保持するために管理・運用されるフォントをコーポレートフォント(企業制定書体)と呼びます。 この連載記事では、コンサルティングによる戦略策定と、デザインによるコミュニケーションの実践を行う「株式会社MIMIGURI」さんをお迎えして、企業におけるブランディングの考え方や、企業のデザインとコーポレートフォントの関係性、コーポレートフォントを導入するフェーズや、コーポレートフ

    スキ
    92
      • その中国語の案内文、フォントがツギハギになっているかも?〈エリックの多言語文字散歩〉

        自己紹介こんにちは!文字散歩(文字を探しながら散歩すること!)が大好きなエリックです。 私は中国生まれですが、日本在住も17年間を超え、その間も十数カ国を飛び回った経験があり、あちこちで様々な言語と文字を見てきました。そのご縁もあって、中日韓の書体メーカー(タイプファンドリー)数社と多言語書体開発のプロジェクトに関わってきました。そして、その中で「ネイティブの視点とは、いったい何か?」をずっと考えて来ました。 この場をお借りし、中国語に留まらず、多言語表記をはじめ文字・書

        スキ
        40
        • Std、Pro、Pr6、Nってなに?意味を知って賢くフォントを選ぶ!フォント名による違いと使い分け徹底解説

          みなさんはフォントを選ぶときにこんな経験をしたことはありませんか? 「同じフォント名なのに、Std・Pro・ProN・Pr6Nなどの文字が付いている…これってなにが違うの?どんな意味があるの?どれを選べばいいの?」 じつはこのStdやProNなどは、フォントに含まれている文字の量や種類を表しているんです。 この違いを知ることで、「いざという時に文字が出なくて困った」、「フォントを変えたら文字が変わってしまって怒られた」などの「文字の事故」を防いだり、フォントを購入すると

          スキ
          350
          • ヒラギノフォント公式noteのVIを紹介します。

            はじめまして。デザイナーの今市達也です。今回、ヒラギノフォント公式noteのアートディレクション及びデザインを担当させていただきました。 普段は組織の創造性を発揮するための理論創造と社会実装を行う株式会社MIMIGURIのクリエイティブ部門に所属しており、企業様のブランディング設計やフォント開発を行なっています。 今回、 macOSのシステムフォントとしても採用されているヒラギノフォントのオウンドメディア「ヒラギノフォント公式note」のVI(ビジュアルアイデンティティ)が、

            スキ
            97
            • 最適なライセンスがわかる!目的別ヒラギノフォント購入方法

              フォントのライセンスって用途によって分かれていたり、フォントの会社によって違っていたり、どのライセンスを買ったら良いか難しいですよね。 ヒラギノフォントを使いたいけどどのライセンスを買えばいい?にお答えすべく、目的別のライセンス購入方法についてまとめました。使いたい/買いたいと思ったらまずこのページから読んでいただけたら幸いです。 PCにインストールして使いたい用途:画像制作、動画制作、PDF制作、放送利用など 1台~数台のPCで使いたい 対応製品:ダウンロード製品

              スキ
              26
              • はじめまして、ヒラギノフォント公式noteです

                はじめまして、私は「ヒラギノフォント」を株式会社SCREENグラフィックソリューションズで担当している、正木(まさき)と申します。  私は日々お客様のフォントにまつわる課題解決に携わりながら、「もう一歩だけフォントを知っていただけたら何倍も良くなるのに…!」と感じるシーンが多々あります。 これはフォントに携わる人が常々感じていることだと思います。  例えば街中や映像、ウェブで見かける案内や広告、ソフトやハードに組み込まれるフォント、資料やプレゼンに使われる文字、そして企業

                スキ
                748